γ-GTPをたったの4ヶ月で200以上も下げた体験談

糖質制限食(低炭水化物ダイエット)を実践して、わずか4ヶ月でγ-GTPを200以上も下げる事に成功した方から、ご連絡をいただきました。

成功したKさんは、このブログを読んで下さった読者の方です。

わたしと同じようにお酒が大好きで、γ-GTPの数値は長年、100〜300ほどを推移し、肝機能も悪化していたようですが、糖質制限食に切り替えて、短い期間で劇的に改善出来たそうです。

しかも禁酒しないで成功!毎日大酒飲まれてたとか

ご本人ご了解のもと、健康診断の結果とメッセージを、ご紹介させていただきます。

D 130611 02200

Kさんのプロフィール

スポンサーリンク

いただいたメッセージより

(以下メッセージをご紹介)

初めまして、Kと言います。炭水化物ダイエット成功いたしました。まずはお礼を、ありがとうございます。

若い頃から職人系で働きお酒を覚え、30年以上飲み続けておりました。大酒飲みです。半端ない量を飲みます。飲む時は(焼酎なら)ボトル一本いっちゃいます。そんな事を30年も続けてきて、γ-GTPは毎回100〜300でした。

ラーメンとケーキが大好き

お酒をたくさん飲み、ラーメンや夜寝る前のケーキを毎日欠かさず食べていたところ、中性脂肪値が異常に悪化!

健康診断の結果の写真もわざわざ送って下さいました。

γ-GTP・健康診断結果

2013年・平成25年

11061

γ-GTPは103、中性脂肪値は1770!

平成25年12月の測定値です。

中性脂肪値1770!診断したお医者さんが診た数値の中では、歴代2位!入院レベルの数値!と言われてしまいました。

食事改善を開始

ラーメンを一切食べない、米を食べない、ケーキを食べない、肉を食べない、、この四つを実践したところ、わずか二ヶ月で中性脂肪値は177へと劇的に改善出来ました。

ただし一気にエネルギー摂取を落としてしまった為、直ぐに疲れるようになっていました。

肉などタンパク質の摂取量も大幅に減らしたら、直ぐ疲れるように

2016年・平成28年4月

11062

γ-GTP 240! GOT/GPTも悪化!

月日は流れ、食生活は多少元に戻りつつも、中性脂肪の値は落ち着きましたが、γ-GTPは改善出来ず、2016年4月の検診では、240という悪い結果に。

空腹なのにお腹が張って『なんでだろ?』といつも思っておりました。

γ-GTPを下げる方法を調べて

このブログのγ-GTPの数値を下げる方法【禁酒しないで成功しました】などを読ませていただき、『待てよ、、あの時やったことに似てはいるがチョット違う』肉は食べて良いのか(嬉しい)

要するにタンパク質をガッツリ取れば炭水化物を減らしてもエネルギーは満たされる!エネルギーが満たされれば体に力も入る!!

脂肪肝を減らせばγ-GTPも改善出来るはず!と思い当たり、

早速、低炭水化物ダイエット(糖質制限食)を始めました。

糖質制限食を開始したのは6月から(実質4ヶ月)

4ヶ月間、意識的に炭水化物を控え、しかしお酒はガツ飲み(今までとおんなじ)・体重は2キロ減の57Kg。肉も魚も野菜もしっかり食べました。お腹の張りは現在無くなりました。

その結果!

2016年10月

11063

γ-GTPは240→39に!200以上も下げる事に成功!

とにかく炭水化物を食べない!とは言っても、唐揚げを食べれば衣には炭水化物は入っておりますし、人参にだってゴボウにだって入っています。

やはり程度問題ですね。なのでこの4ヶ月間で行ったのは【米・うどん・そば・ラーメン・パスタ・麦餅】これを徹底的に抜きました!

お酒は毎日呑みつつ成功

【酒は毎日毎日、満足するだけ呑んでおりました】←ここが肝心ですね。飲んでいるのは、発泡酒少々&ジンの炭酸割り又は焼酎、飲む時は焼酎ボトル一本空けます。

結果はご覧の通りでございます。感謝感謝です!

膵臓の検査はアミラーゼ検査で合格でしたので、今の時点では全て正常値でございます。

それと二日酔いもかなり減り、朝の歯磨きの吐気『オエェ〜〜!』も無くなりました。

なんでもそうですが、継続は力なりとつくづく実感しております。

(メッセージはここまで・一部割愛)

脂肪肝を減らせばγ-GTPの数値は改善する!

禁酒しないで出来るのがイイ!

わたしも一緒でした。γ-GTPの数値悪化に悩まされつつも、お酒が止められないんですよね〜大好き、大好物ですから。

もちろん、お酒の飲み過ぎは肝臓にとって良くないことですが、肝臓内部に溜まってしまっている脂肪肝を減らせば、禁酒せずとも、十分にγ-GTPの数値は下げられるって事ですね!

Kさん、ご丁寧にご連絡していただきまして、本当にありがとうございます。

継続は力なり

Kさんも継続する事が大切だと言われています。

わたしはまさに今それを実感していまして、ここ最近、深夜のラーメン・白ご飯などを沢山食べる暴飲暴食を、数ヶ月繰り返してしまったところ、γ-GTPは47から111へと、カンタンに悪化してしまいました。

お酒を飲む量は以前と変わらないので、やはり糖質の摂り過ぎはよくないんだな〜と、今更ながら実感しています。

今、改善中なので来年はバッチリ戻します!

D 130502 00468

色々ある糖質制限食(低炭水化物ダイエット)

Kさんの場合、スーパー糖質制限食

毎日食べる三度の食事すべてから、糖質量が多い食品を食べない方法を、スーパー糖質制限食といいます。

糖質制限の方法

  • 3食全て糖質を制限‥‥スーパー糖質制限食
  • 3食のうち、2食を制限
  • 3食のうち、1食だけ制限

一番効果が出るのは、3食全てを制限する方法です(スーパー糖質制限食)

私の場合、1食だけ制限する方法(夜だけ炭水化物抜きダイエット)を約7ヶ月続けただけで、γ-GTPは155から54へと100以上下げられました。

大きく糖質量を制限すれば、それだけ早く脂肪肝が減りますし、1食だけ制限するプチ糖質制限食でも十分に有効です。

肝機能の数値が気になりつつも、お酒も飲みたい方へは最適な食事療法だと、実感してます。

糖質を減らした分、良質なタンパク質を豊富に摂るように気をつければ、空腹感もさほど感じないで、γ-GTPはもちろん、体重もドンドン減るのでダイエット効果もあります。

実践される場合は、ご自身のペースでお試し下さいませ。

(おわり)


スポンサーリンク

このページの先頭へ