脂肪肝の症状【自覚症状が出たら手遅れ?数値でチェック!】

脂肪肝は自覚症状もほとんど無く、ついつい放置してしまう方が多いのではないでしょうか?

脂肪肝は、肝炎▷肝硬変▷肝臓がん と悪化することも!

肝臓は沈黙の臓器というだけあって、体調不良の自覚症状が出た頃には、病状が進んでしまっているかもしれません。

健康診断の数値をチェック!

手遅れになる前に、健康診断結果の検査数値を見て、セルフチェックしてみましょう。

脂肪肝が疑われる数値チェックポイントと、出たらヤバい自覚症状とは?

D 140927 13699

出たらヤバい自覚症状

脂肪肝とは、肝臓内部に中性脂肪がたまりすぎてしまう症状です。そのため、流れている血もドロドロになりがち、いわゆる血の巡りが悪い状態になります。

軽い症状としては

  • 疲れやすい
  • 肩が凝る
  • 体がだるい
  • 食欲が無い
  • 息切れがする

などの症状が出る事があります。

重くなると?

脂肪肝が肝硬変などに進行してしまうと、

  • 男性で乳房が大きくなる
  • 手のひらや指先が赤くなる
  • 白目が黄色くなる
  • 背中などに赤いクモ状斑点が出来る

などの症状がある場合は、すぐに病院に行く事をオススメします。

脂肪肝の数値チェックポイント

健康診断の数値をチェック

以下の数値が正常値より高い場合は、脂肪肝の疑いがあります。

  • GOT(AST) 正常値 10〜40 u/l
  • GPT(ALT) 正常値 5〜45 u/l
  • γ-GTP 正常値 0〜60 u/l
  • 血清総タンパク 正常値 6.5〜8.2 g/dl
  • コリンエステラーゼ 正常値 245〜495 u/l
  • 血清総コレステロール 正常値150〜219 mg/dl
  • 中性脂肪 正常値 50〜149 mg/dl

何系統の脂肪肝かチェック

主な脂肪肝の原因としては、お酒の飲み過ぎか、炭水化物の摂り過ぎ、運動不足などがあります。

アルコールの飲み過ぎが悪いのか、食事の食べ過ぎが悪いのかを調べるには、GOT(AST)、GPT(ALT)の数値の差をチェックする方法があります。

アルコール性脂肪肝の場合は、γ-GTPとGOTが高くなる傾向が。

非アルコール性脂肪肝の場合は、γ-GTPとGPTが高くなる傾向があります。

詳しくは以下のページを参考にして下さい。

脂肪肝の原因と診断基準【タイプによって違う検査数値の見分け方】

脂肪肝の疑いがある場合は?

食事や運動で改善!

食べ過ぎや飲み過ぎ、運動不足などの生活習慣を見直してはいかがでしょうか。

食生活は、炭水化物や悪い脂質を摂る量を減らすのが効果的です。

詳しくはこちら↓

肝臓の数値改善方法【食事編】 | γ-GTP・肝臓ガイド

普段の生活に運動も取り入れたいですね。

ウォーキングなどの有酸素運動で、脂肪肝の改善効果もあるんだとか。

詳しくはこちら↓

肝臓の数値改善方法【運動編】 | γ-GTP・肝臓ガイド

不足しがちなオメガ3系統脂肪酸を摂る!

こってりドロドロから、すっきりサラサラへ

オメガ3脂肪酸は、食生活が欧米化した現代日本人は、全世代で摂取目安量に対して摂る量が不足している、質の良いアブラです。

厚生労働省は、オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)を1日1g以上摂る事を推奨!

オメガ3脂肪酸の中でも、EPA・DHAには、血中の中性脂肪値を下げる働きがあることが判っています。

EPA・DHAは主に魚介類に多く含まれている脂肪酸です。

魚をたくさん食べる機会が少ない方は、サプリでの摂取もオススメです。

EPA・DHAサプリには、南極オキアミなどを主原料とした、クリルオイルタイプと、魚の油を主原料とした、魚油タイプがあります。

(クリルオイルタイプのDHA・EPAサプリはこちら↓)

アスタキサンチン・サプリ【DHA・EPAも豊富】クリルオイルタイプ | γ-GTP・肝臓ガイド

(魚油タイプのDHA・EPAサプリはこちら↓)

EPA・DHAサプリ【品質・コスパの良さランキング】 | オメガ3 サプリ・オイルガイド

食事・運動の改善で、脂肪肝を撃退♪

いまや国民の4人に1人、もしくは、3人に1人が脂肪肝といわれています。生活習慣の見直しで、症状が重くならないうちに改善したいですね。

(おわり)

このページの先頭へ